健ができるようになっていたこと

アメリカの大いなるロッキー山脈のすぐ麓に暮らす私たち。

2009年2月25日に私たちは愛する三男、健を亡くしました。


このブログには、健の写真や思い出だけを集めているメモリアル・ブログです。
健の写真の整理をしながら、ゆっくりと自分の心も整理がつけばいいなと思い、このブログを始めました。


私たちの日常は「ロッキー山脈ふもと生活」の方に綴ってあります。コチラからどうぞ。


**************************************



健は、2歳だったのにいつも兄ちゃんや姉ちゃんと同じことをしたかったね。

e0142155_1515113.jpg



食器のお片付けも、いつの間にやら兄ちゃんの真似をしてやり始めていた。

ピアノのお稽古も、一丁前に真似したかったね。


食洗機で洗い上がったお皿も低いところなら片付けれるようになってたね。

(いつも母ちゃんのことを手伝おうとして頑張ってえらかった!
母ちゃんはね、いつも健が手伝ってくれた時すごく嬉しかったよ。)



食事の前や眠る前の家族の祈りも・・・・

兄ちゃんの番なのに、真似して言い始めてたね。

「 Dear Heavenly Father・・・」ってチビのくせに言い始めてたから、

父ちゃんと母ちゃんはびっくりしながら、うれしかったっけ。



健、わたしらね、今回みんなで南ユタに旅行に行ってきたんだよ。

健がいない旅行なんて、決して以前と同じではないんだけどね。

でも、いつまでもくよくよしてたら健も喜ばないだろうと思ってね、

思い切って行ってきたんよ。

e0142155_15363254.jpg



楽しい旅行中なのに、健がおらん事を思うと悲しくなったりしたよ。
もう・・・母ちゃんはダメじゃねぇ。




でもね・・・心を澄ませてみると・・・時々健が近くにいるような気がしたんよ。

目に見えないだけで、時々健は私たちを訪ねて来てくれとるんじゃろうかね。



大きな岩とか自然とか、健もいっしょに見て感動してくれたかねぇ。

[PR]
by sarisukemama | 2009-04-20 15:41 | 健の思い出
<< 健とかき氷 健と落書き >>