2011年 02月 23日 ( 1 )

ナム!

ー はじめに ー 

アメリカの大いなるロッキー山脈のすぐ麓に暮らす私たち。

2009年2月25日に私たちは愛する三男、健を亡くしました。


ー このブログを綴ることによって、私が願う4つのこと。ー

★このブログを綴ることによって、私自身がこの悲しみを乗り越えれるように。

★このブログを読むあなたが愛する人(たち)との一瞬一瞬を大切に生きる助けとなるように。

★同じような悲しみをかかえている仲間が「私は一人じゃないんだ」と感じれるように。

★あなたが、同じような悲しみを抱える人をサポートできる助けとなりますように。


e0142155_15295840.jpg

一日一日、一歩一歩。


*****  新規記事はここから↓ *****



二歳で亡くなった健は・・・ガムが大好きだった。




「え?二歳の子供にガムをあげてたの?!」って思われるかもしれないが

4人目の子供になると私が「ダメよ」と言っても

兄ちゃんや姉ちゃんが食べてると自然に口にするようになってしまっていた。(←めっちゃ言い訳)




健はフルーツ味のガムが大好きで

私や子供たちが食べていると

ナム!(=ガム)」と言っておねだりしていた。

健が「ナム!」って言うのが、あまりに可愛かったんだよなぁ。



e0142155_16294947.jpg

(↑スキトルズを食べる健。あ、スキトルズは噛むキャンディー。このTシャツ、健にすごく似合ってたんだよな。)



いつも「ガムは飲み込んじゃダメなんだよ。吐き出すの。」って教えても


そんなコンセプトは二歳の健には難しすぎて・・・

健がガムを食べ終わった頃に「はい、健、ガムを吐き出して。」と私がいうと

口を大きくあけて、空っぽで「もう飲み込んじゃった」という困ったような可愛い顔をみせてたな。






ある日などは、「あれ、健はえらく静かだな」と思ってると(静か=いたずらの真っ最中)

私の引き出しに隠してあったガムを見つけて

健は隠れてこっそり全部(!!)食べてたんだよな。


それをみて、家族みんなで大笑いしたんだよな。





久しぶりに健のガムの思い出を家族みんなで話して笑ったんだよな、今日の昼間。


でも夜は辛いんだな、夜はやっぱりだめだ。



ラブ・ユー、健。 

ミス・ユー、健。





さて、今日の記事で私は何度「可愛い」を使ったっけ?

ま、仕方ないな、健は本当に可愛かったんだもの。




****************************************

ブログ村のランキングに登録してみました。
いつも応援ありがとう!

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村


私たち家族の日常は「家族6人犬一匹、ロッキー山脈ふもと生活」の方に記してあります。

[PR]
by sarisukemama | 2011-02-23 05:55 | 健の思い出